越前がにの魚屋とび魚です。

越前がにとはどんなカニ? 他のカニとどう違うの? などなど、今回は越前ガニについて紹介できればと思います

越前がにとは?

越前がには福井県産のずわいがに


福井県の三国港・越前港・敦賀港・小浜港で水揚げされたズワイガニを越前ガニといいます。福井県、自慢の冬の味覚の王者で、黄色いタグがブランドの証です。
福井県産=越前がに 京都、島根、鳥取、兵庫産=松葉がに という事になります。
ちなみに以前書いた松葉がにの記事はコチラ↓

松葉がにもお取り寄せに自信あり

唯一、皇室献上をしているカニ

唯一の皇室献上ガニでもあり、その歴史は古く、明治43年12月に越前町(旧四ヶ浦町)で獲れた越前がにを皇室に献上したという記録が残っています。
福井では献上蟹が行われると、毎回ニュースに取り上げられており、冬の風物詩の一つになっています。
私たち、福井県民にはやはりうれしいニュースでもあります!(^^)!

最高の漁場

漁場の地形が100m~150m~200m~と段々畑のようになっていて、カニにとって生息しやすい地形となっています。
また、暖流と寒流のぶつかる漁場で、カニのエサのプランクトンやが豊富です。冬の寒さ、海水の冷たさもひとつの要因と言われ、
最適な環境が美味しいカニを育てています。

越前がにの発送に自信あります

仕入れは自分の目と足で

シーズン中、競りが行われるたび何度も港に足を運びます。自分の目で見て、自分の納得いくカニを仕入れする為です。
この時間のかかる「現地で確かめる事」が仕入れにとって一番大切だと思っています。

真剣です(^^)/

 

 

 

 

茹でが大切

何よりも肝心なのが茹での作業。
塩加減、茹で加減は、経験がものを言います。
塩辛く湯がくと、日持ち的にやや安心な面がありますが、せっかくの越前ガニの旨みが半減してしまいます。
逆に塩が淡すぎると、カニの味が物足りなくなります。
この加減が本当に難しいです。
常に大釜の塩分濃度を測りながら、チェックして湯がくのも、とび魚の品質にこだわり。
地元の旅館や料理店に卸しているのでプロからのお墨付きも得ています。

最高の越前ガニをぜひお試しください。

0770-47-5181
魚屋とび魚オンラインショップ